go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

IT / ICTシステムストレージ

タイトル

2018ストレージ戦略

発刊年/月
2018/7
体 裁
A4 :323ページ
価 格
2,000,000円(日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要
日本で展開している主要なストレージメーカー28社(既存ストレージメーカー20社、SDS専業メーカー8社、クラウドサービス事業者6社)に面談形式にて取材を行っている。また、一部ユーザー動向のデータが入っているが、こちらは、2017年にストレージを実際に利用しているユーザー企業600社(TSRが保有しているリストから抽出)に対して、ストレージの課題などのアンケート調査を郵送アンケート形式にて実施し235社(従業員数1,000人以上:101社、100~999人:131社、99人以下:3社)から回答得て、集計分析を行ったものである。

本調査は2018年3月~2018年7月に実施された。

レポートのポイント
 ・日本のストレージ市場は5年後に356億円(2018年-2023年比較)が喪失する
 ・HCI、HSC、オブジェクトストレージといったSDSは伸び続ける
 ・日本において、All FlashがHybrid/HDDストレージの市場を追い越すのは2019年
 ・HCIプラットフォームの覇権争いが活発化、vSANがリードする
 ・GDPRは日本の全ての企業に影響を及ぼすことになる、その結果NASが増加する
 ・自動車業界が動き出すことで、HSC、オブジェクトストレージ市場が大きく増加する
 ・コンテナ、Kubernetesに対応しないと、ストレージ選定時の選択肢にも入らなくなる
 ・クラウドサービス事業者のストレージへのスタンスは、多様化している
 ・Dropbox、BOXによってローエンドNAS、ミッドレンジNASが減少する

目次
I.まとめ
    パブリッククラウドの影響
    All Flash動向
    Hybrid/HDD動向
    SDS動向
    HCI動向
    HSC動向
    ObjectStorage動向
    GDPRが与えるストレージの影響
    自動車業界が与えるストレージの影響
    コンテナ、Kubernetesが与えるストレージの影響
    Dropbox、Boxが与えるストレージの影響
    大手クラウド事業者の状況
    Worldwideストレージ動向
    Japanストレージ動向
II.ストレージ市場トレンド
    -WorldWide-
        ストレージ出荷金額市場トレンド・シェア
        All Flash市場トレンド・シェア
        Hybrid/HDD市場トレンド・シェア
        HCI市場トレンド・シェア
        HSC市場トレンド・シェア
        ObjectStorage市場トレンド・シェア
    -Japan-
        ストレージ出荷金額市場トレンド・シェア
        All Flash市場トレンド・シェア
        Hybrid/HDD市場トレンド・シェア
        HCI市場トレンド・シェア
        HSC市場トレンド・シェア
        ObjectStorage市場トレンド・シェア
III.主要エントリーメーカーの動向
    <ストレージメーカー>
        日立製作所
        Dell EMC
        富士通
        HPE
        日本IBM
        NetApp
        NEC
        PureStorage
        Tintri
        Westan Digital
        ニューテック
        東芝
        ロジテック
        QNAP
        Synology
        PureStorage
        WD
    <SDSメーカー>
        Nutanix
        Infinidat
        Scality
        Nexenta
        Cloudian
        IzumoBASE
        Datrium
        Redhat
        VMware
IV.クラウド事業者動向
storage 2,000,000円