go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

自動車(Automotive)自動車

タイトル

Automotive Camera Market Analysis 2016

発刊年/月
2017/2
体 裁
A4 :156ページ
価 格
400,000円(日本語/ハードコピー)
450,000円(日本語/PDF)
500,000円(日本語/ハードコピー+ PDF)
概 要
ADAS(先進的運転支援システム)から、AD(自動運転)の実現に向けて、車載用カメラの役割は更に重要となっている。
本資料は、車載用カメラ市場の詳細について、調査分析したものである。
2015年のAutomotive Camera市場(DVRを含むSystemベースの数量)は、77,665k台、金額ベースで4,072Million USDとなる。2024年の同市場は、CAGR 11.5%となる201,252k台、金額ベースで12,282 Million USDを見込む。
短中期にはEuro NCAPやC-NCAPなどのSafety RatingやKT法などの法規制がAutomotive Camera市場を牽引しており、その影響により、Front Sensing Camera/Multi-FunctionやRear View Camera、DVRなどが市場の中心となってきている。
2020年以降を見据えると、自動運転自動車がAutomotive Camera市場を牽引するようになる。それに合わせて既存のCamera製品のスペックも大きく変化するほか、新しいタイプのCameraも登場する。

目次
総評1:車載カメラ市場総評
総評2: 車載カメラ市場の現状と今後の拡大シナリオ
総評3: 2020年以降に拡大する製品領域とは?
総評4: 主要需要地における地域別傾向:現状と今後
総評5: 自動運転の実現に向かう動向と、関連する車載カメラ製品の将来分析
II. 車載カメラ市場の分析
    1. 車載カメラ市場動向:2013 ? 2024F
        1-1. 全体市場動向
        1-2. 製品カテゴリー別市場動向
        1-3. 地域別市場動向
    2. 製品カテゴリー別市場動向: 2013 ? 2024F
        2-1. Sensing Camera市場動向
        2-2. View Camera市場動向
        2-3. View + Sensing Camera市場動向
        2-4. 搭載箇所別にみる搭載状況:現状と今後
        2-5. 製品カテゴリー別市場規模詳細データ
    3. 主要メーカー動向
        3-1. 主要メーカー参入状況
        3-2. Tier 1マーケットシェア : 2015/ 2016F/ 2017F
        3-3. Tier 2マーケットシェア : 2015/ 2016F/ 2017F
        3-4. サプライチェーンマトリックス
        3-5. 主要Tier 1メーカーの現状と今後
        3-6. 主要カメラモジュールメーカーの現状と今後
        3-7. Tier 1 メーカー個票
    4. 製品価格動向
    5. 今後のカメラシステムの方向性: 2020年以降に求められる車載カメラとは?
III. 車載カメラ主要部材市場の分析
    1. 主要部材メーカー参入状況: Image Sensor/ Lens Module/ DSP & SoC
    2. メーカーシェア及び主要メーカー動向
    3. サプライチェーンマトリックス: 主要部材メーカー × カメラモジュールメーカー
    4. 製品スペック/ 開発トレンド
    5. 市場価格トレンド
IV. 自動車メーカーにおける車載カメラ製品採用の現状と今後の方向性
    1. 主要自動車メーカーの車載カメラ搭載状況
    2. 自動車メーカー個票
V. 製品搭載状況一覧:自動車メーカー別・主要モデルにおける車載カメラ搭載状況一覧
VI. 周辺市場動向
car 400,000円