go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

自動車(Automotive)自動車

タイトル

2015年版車載用センシングシステム市場のマーケティング分析

発刊年/月
2015/10
体 裁
A4 :204ページ
価 格
400,000円(日本語/ハードコピー)
450,000円(日本語/PDFデータ)
500,000円(日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要
本レポートは、車載用センシングシステム (Sensing Camera, Milliwave Radar, Laser Radar and Ultrasonic Sensors) に関し、市場の現状と今後の方向性を明らかにしたものである。

2015年のAutomotive Sensing System市場は、247.2M台、金額ベースで4.8B US$。2022年の同市場は、462.8M台、金額ベースで12.8B US$を見込む。

View Cameraの増加を中心としたこれまでのADASトレンドから、センシングシステム搭載へのシフトが本格化している。Euro NCAPで2014年よりAEBが評価対象となり、2016年にAEB + PD、2018年には夜間対応を含めたAEB + PDやの評価開始が予定されているほか、USでもAEB標準化に向けた取組が始動しており、各OEMでセンシングシステムの採用に注力してきている。Toyota, Hondaといった日系Car OEMが本腰を入れた採用を開始し、日本市場でも下位セグメントまで対象に含めたセンシングシステム搭載が加速している。
目次
I. Summary
    1. 車載用センシングシステム市場総評
    2. 車載用センシングシステム市場の現状と今後の方向性
    3. 自動走行市場Outlook
    4. まとめ
II. 車載用センシングシステムの市場実態と将来性分析
    1. 車載用センシングシステム市場トレンド
    2. 車載用センシングシステムの製品別市場動向
    3. 参入メーカーの現状
    4. 市場価格動向
    5. センシングシステムの開発の方向性と今後の課題
III.部材市場実態の分析
    1. 主要部材メーカー参入状況一覧: Image Sensor/ Lens Module/ DSP/ MMIC
    2. メーカーシェア及び主要メーカーの動向
    3. サプライチェーンマトリックス
    4. 製品スペック等の現状と今後
    5. 市場価格トレンド
IV. 主要自動車メーカーにおけるセンシングシステム採用状況の現状と今後の方向性
    1. 主要自動車メーカー別センシングシステムの搭載率推移 (System Based)
    2. 自動車メーカーのセンシングシステム採用状況
    3. 自動車メーカーにおけるセンシングシステム採用に関する今後の方向性
    4. 主要自動車メーカー個票(主要15社)
V. 主要製品一覧(Car OEM主要モデルのセンシングシステム採用状況)
VI. 周辺市場動向
    1. 新車販売台数トレンド
    2. 車載カメラ市場Outlook
    3. 自動車安全に関わる動向
car 400,000円