go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

IT / ICTシステムストレージ

タイトル

2015年版ストレージソリューション市場のマーケティング分析

発刊年/月
2015/8
体 裁
A4 :498ページ
価 格
2,000,000円(日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要
本レポートは、ストレージビジネスを展開する各社の売上を増加させることを目的としている。
具体的には、以下の四つの問いを明らかにしている。

 1. 今後大きく拡大するカテゴリはどこか?
 2. 売上が伸びているメーカーはどこか?
 3. ストレージはどのように変化していくのか?
 4. SDSは伸びるのか?
 5. アーカイブデータはどこにあるのか?
 6. 2010年と比較して何が変わったのか?

目次
I.まとめ
    ストレージビジネスの市場規模
    各メーカーの出荷金額と増減率に見るポジショニング -Primary HW-
    メーカー別売上増加金額 2013-2014年
    各カテゴリの市場金額と増減率に見るポジショニング
    カテゴリ別 市場増加金額 2014-2019年
    All Flash
    Flash Hybrid
    HDDストレージからFlashへ
    SDSマッピング
    SDS
    Control / Virtualization
    SBS (Server Based Storage)
    Hyper Converged Infrastructure
    アーカイブデータはどこにあるのか?
    ユーザーのアプリケーション別 ストレージ利用状況
II.ユーザー調査 メーカー別集計
III.ユーザー調査 2015年と2010年の比較
IV.ストレージ市場トレンド
    Storage Business市場
    SAN/DAS/iSCSI 市場
    NAS市場
    スケールアウトNAS市場
    Archive市場
    SDS-HW市場
    De-Duplication市場
    VTL市場
    Tape Automation市場
    Storage Software市場
V.主要エントリーメーカーの動向
    EMCジャパン
    日立製作所
    富士通
    日本HP
    日本IBM
    NetApp
    NEC
    DELL
    Nutanix
    Tintri
    Nimble Storage
    ニューテック
    日本オラクル
    バッファロー
    アイオーデータ
    Scality
    Cleversafe
    Nexenta
    IzumoBASE
    東芝
    ロジテック
    QNAP
    Violin Memory
    PureStorage
    バラクーダネットワークス
    Synology
VI.ユーザーの動向

storage 2,000,000円