go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

イメージングその他
自動車(Automotive)自動車

タイトル

2014-2015年版 非冷却遠赤外線イメージング市場のマーケティング分析

発刊年/月
2014/11
体 裁
A4 :193ページ
価 格
400,000円(日本語/ハードコピー) 450,000円(日本語/ハードコピー+PDFデータ)
(English Ver.  is also available. Please contact TSR for detail)
概 要
 非冷却遠赤外線イメージング市場(Uncooled LWIR Imaging Market)はハイエンドにて非冷却型の限界に挑む技術革新が繰り広げられる一方、ミドル・ローエンドでは民生市場への拡大シナリオが現実味を帯びてきた。
 従来の自動車(車載/Automotive)向けNight Vision/Sensing(人体検知=Pedestrian Detection、動物検知=Animal Detection)に向けたThermal Camera搭載シナリオが欧米を中心に具体化してきた動きに加え、2014年にはSmart Phone向けApplicationが登場するなど民生市場に向けた新規市場創造のアプローチが一気に加速してきた。その他、Smart Buildingなどエネルギーマネージメント、高齢者見守り、民生向けSecurity、In-Carなどに向け、Bolometer、Thermopile array、Pyroelectric arrayなど各種技術からのアプローチも活発化している。
 本レポートでは、世界市場および国内市場の両面から上記状況を踏まえた市場トレンド、Player動向、Technology trend(sensor, lens module, package, getter etc.)などを全体および各用途別(車載、防災・Security、保守・保全、新規市場、Others etc.)にて調査・分析し、同市場の現状および中長期的な将来像を検証している。

目次
I. Summary
II. 非冷却遠赤外線イメージングの全体市場動向
III. 非冷却遠赤外線イメージングの分類別市場動向
IV. 日本国内市場
V. 非冷却遠赤外線イメージングの主幹部品動向
VI. 主要カメラセットメーカー個票
VII. 製品一覧

imothers,car 400,000円