go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

エネルギーリチウムイオン電池

タイトル

2014年版 LIB材料市場のマーケティング分析

発刊年/月
2014/4
体 裁
A4 :92ページ
価 格
300,000円(日本語/ハードコピー) 390,000円(日本語/ハードコピー + PDFデータ)
4,000USドル(英語/ハードコピー) 5,200USドル(英語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要
「2012-2013年版 LIB材料市場のマーケティング分析」では、数字上、中国新興系メーカーの大きな躍進を大きく感じさせる結果となりました。
それを受けて、2014年版として、最新情報のアップデートを行いました。
結論としては、2013年、単純な数字の上では全体として中国材料メーカーが伸び悩んでいるような状況がみられました。
しかし、細かい取り引き関係や取引価格の変化をみてみると、必ずしも勢いが止まってきているとは言えない状況にあります。

その一方で、中国以外の日韓欧米メーカーとしては、高付加価値製品を求めることで消耗戦の様相が強まっており、生き残りをかけて新規開発とコストダウンを進めますが、各社で明暗が分かれてきています。

「2014年版 LIB材料市場のマーケティング分析」は、電池材料となる①正極材、②負極材、③セパレータ、④電解液、の現状、将来展望について、詳細に把握した分析レポートです。
2014年版では塗工セパレータの動向についても詳細な情報を掲載しました。

TSRで通常カバーしている、「民生用電池市場」、「自動車用電池市場」、以外にも、材料市場の観点からは莫大な市場規模が形成されている「中国ローエンド電池市場」の全容を明らかにしながら、今までの電池業界の常識とされていた市場とは異なる市場構造も含めて、詳細な取引関係や価格の変化、最新技術の開発状況やその他の課題など、抑えるべきポイントを踏まえながらその市場構造を明らかにしています。

変動の激しいリチウムイオン電池の業界で、次の一手を打つための一助となることを目的とした市場分析資料です。

なお、本資料でLIB材料市場の全容を把握できますが、6月発刊の「中国LIB市場の実態」と併用することで、より詳細に市場全容を把握することが可能となります。


目次
I. 分析編
    分析.1 本レポートでの市場カテゴリ
    分析.2 各マーケットの特徴とは!?
    分析.3 LIB 3市場の現状と可能性とは!?
    分析.4 Small LIB Market
    分析.5 Automotive Market
    分析.6 China Tier-2 Market
    分析.7 Cathode Market
    分析.8 Anode Market
    分析.9 Separator Market
    分析.10 Electrolyte Market
    資料発刊にあたって~競争市場をモノにするためには!?~

II. LIB市場編
    2-1. LIB市場トレンド (MWh basis)
        2-2-1. Small LIB Market Maker Share
        2-2-2. Small LIB Market 
        2-3-1. Automotive LIB Market Trend
        2-3-2. Automotive LIB Market Maker Share
    2-4. China Tier-2 Marketの実力
    2-5. リチウムイオン電池の付加価値とコストダウンの要求。
        ~材料メーカーの付加価値戦略と価格競争のせめぎあいの先にあるものとは?~
    2-6. 2.2Ah円筒型電池コスト構造トレンド
    2-7. 生産能力動向 

III. 材料編
    3-1.
        3-1-1. LIB材料の市場構造の実態と注目の付加価値材料とは!?
            3-1-1-1. 中国新興系企業進出による材料市場の構造変化!
            3-1-1-2. LIB材料市場における現時点での技術開発のポイントとは!?
            ~次世代LIB製品のキーマテリアル!~
    3-2.正極材
    3-3.負極材
    3-4. セパレータ
    3-5. 電解液
    3-6. 電解質(LiPF6)

lib 300,000円