go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

エネルギーリチウムイオン電池

タイトル

2013-2014年版 自動車用LIB市場のマーケティング分析

発刊年/月
2014/1
体 裁
A4 :128ページ
価 格
400,000円 (日本語/ハードコピー) 520,000円 (日本語/ハードコピー + PDFデータ)
5,000USドル (英語/ハードコピー) 6,500USドル (英語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要

「2013-2014年版 自動車用LIB市場のマーケティング分析」は、リチウムイオン電池市場の中で、自動車用(EV、Range Extender EV、PHEV、HEV)に使われるリチウムイオン電池の市場状況とその動向について分析した市場調査・分析レポートです。

リチウムイオン電池業界にとって、「期待外れ」感が強まっていた「xEV」市場が、テスラ・Model Sをはじめとしたいくつかのヒットモデルの誕生により、にわかに活性化してきました。また、アイドリングストップシステムや、「48V Micro Hybrid」など、EVやプラグインハイブリッドばかりでなく、新たなエコカーに対するリチウムイオン電池需要も大きく注目されてきています。その一方で、燃料電池車などのEVにとって「競合するエコカー」を大きく推進する動きも出ており、楽観材料ばかりではありません。

本資料では、どのようなxEVを進めようとしていて、実際はどのように推移していくとみられるのか、「エコカー」の動向をメーカー別に分析する一方で、各国の施策も含めた地域特性を把握。それらに基づいたリチウムイオン電池メーカーの現在のポジショニングや販売構成、競争力などを分析していきます。さらには、自動車用電池の採用が期待される材料について、この1-2年のトレンド変化と長期トレンドを言及、分析していきます。

また、不透明感の強い中国市場については、把握すべき情報をまとめて、個別に分析しております。

ついに花の開き始めたxEV市場の可能性と、大きく変化しているLIBメーカーのポジショニングシフト、有力材料のシフトについて、調査、分析を行った資料となります。

リチウムイオン電池の採用を検討されているすべての自動車関連企業様、自動車用市場に参入するリチウムイオン電池関連企業様にとって営業戦略、開発戦略、投資戦略など、経営判断の指標としてご活用いただければ幸いです。

lib 400,000円