go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

IT / ICTソフトウェア

タイトル

2012年版 PC資産管理市場のマーケティング分析

発刊年/月
2012/9
体 裁
A4 :266ページ
価 格
500,000円 (日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要

PC資産管理メーカーが「今」取り組まなければならない課題と、「今後」取り組まなければならないキーポイントを明らかにし、可能性のあるビジネスに向けて各メーカーが取り組むべき一つの方向性も示しております。

PC資産管理市場に参入しているメーカー、15社以上に対してヒアリングの実施、さらにWebアンケート形式でのユーザー調査を実施することで、2方向からの市場分析と動向把握を行っている。

2010年~2016年までのPC資産管理市場トレンドやPC資産管理市場の現状と方向性、PC資産管理市場の成長要因を分析している。
また、SaaS展開においての成功モデルはなんなのか、PC資産管理メーカーが続々とMDMへのアプローチをスタートしている中でMDMビジネスにどういった取組を行うべきなのか、という点まで言及している。
そして、ユーザーはPC資産管理ツールに対して何を求めているのか、PC資産管理市場におけるユーザーの意識は変化したのか、といった点を明らかにしている。

目次
  1. まとめ編
    1. レポート総括
    2. PC資産管理市場トレンド(概要)
    3. 各メーカーのポジショニング
    4. メーカー別純増売上金額
    5. メーカーシェア
  2. 市場動向編
    1. PC資産管理市場トレンド
    2. PC資産管理ビジネスの方向性
    3. 主要PC資産管理メーカーの売上状況/ユーザー規模別販売状況
    4. SaaSビジネスの方向性
    5. MDMビジネスの方向性
  3. 主要エントリーメーカーの動向編
    • №1エムオーテックス
    • №2ソリトンシステムズ
    • №3クオリティソフト
    • №4ディーオーエス
    • №5Sky
    • №6ハンモック
    • №7住友電工システムソリューション
    • №8ラネクシー
    • №9コア
    • №10日立製作所
    • №11富士通
    • №12マイクロソフト
    • №13日本電気
    • №14日本IBM
    • №15シマンテック
  4. ユーザー調査編
    1. PC資産管理ツールの導入状況は、従業員数によって異なるのか?
    2. 使用しているPC資産管理ツールを選んだ理由とは?
    3. 使用しているPC資産管理ツールへの不満点とは?
    4. 新規購入/他社製品への乗換える際の検討ポイントとは何か?
    5. SAMは必要なのか?
    6. SaaSを利用したいと思っているのか?
    7. SaaS利用のメリットとは?
    8. SaaS利用のデメリットとは?
    9. 企業はスマートデバイスを導入している/検討しているのか?
    10. MDMのサービス/ツールを選ぶ理由とは?
    11. スマートデバイスとPCの一元管理へのニーズはあるのか?
    12. MDMの提供形態として、サービス、オンプレミスどちらが望まれているのか?
    13. MDMサービス/ツールをいくらで利用したいのか?
    14. BYODを導入しているユーザーはルール化しているのか?
    15. 単純集計 (従業員数、1,000人以上/100~999人/99人以下)
    16. 従業員数別集計
soft 500,000円