go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

IT / ICTシステムストレージ

タイトル

2011年版ストレージソリューション市場のマーケティング分析

発刊年/月
2012/4
体 裁
A4 :756ページ
価 格
2,800,000円 (日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要
本レポートは、ストレージビジネスを展開する各社の売上を増加させることを目的としている。
具体的には、以下の四つの問いを明らかにしている。
  1. 誰にアプローチするべきなのか?
  2. どうやってアプローチすれば良いのか?
  3. 競合メーカーを出し抜くためには?
  4. どの市場に注力/投資するべきなのか?
本レポートはストレージ市場に参入しているメーカー25社やSI/VAR10社、クラウドサービスを展開しているDC事業者11社に対してヒアリングの実施、さらにユーザー調査を実施することで、4方向からの市場分析を行っている
目次
  1. まとめ
    • オンラインストレージは現状どうなっているの?
    • ストレージ提案時に運用管理は重要なの?
    • ストレージに期待されている暗黙の価値とは?
    • 新たなSIer/パートナーを増やすためにはどうすればいい?
    • BigDataへアプローチするべきなの?
    • 売上が伸びているメーカーはどこ?
    • サーバー内蔵も含めた、企業向けストレージの容量はどのくらい?
  2. ストレージ市場トレンド
    • Storage Business市場
    • SAN/DAS 市場
    • iSCSI 市場
    • NAS市場
    • スケールアウトNAS市場
    • Archive市場
    • サーバー内蔵ストレージ市場
    • De-Duplication市場
    • VTL市場
    • Tape Automation市場
    • Storage Software市場
    • Storage Service市場
  3. 販売先別市場動向
    • 業種別市場
    • アプリケーション別市場
    • 販路別市場
  4. 主要エントリーメーカーの動向
    • 日立製作所
    • 富士通
    • EMCジャパン
    • 日本IBM
    • 日本HP
    • NEC
    • NetApp
    • デル
  5. DC事業者動向
  6. ユーザー動向
  7. SI/VARの動向
まとめ編:P427、ユーザー編:P329
storage 2,800,000円