go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

IT / ICTソフトウェア

タイトル

2010 - 2011年 ソフトウェアマーケティング総覧

発刊年/月
2012/1
体 裁
A4 :255ページ
価 格
200,000円 (日本語/ハードコピー) 300,000円 (日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要

2009年は世界金融危機に端を発する世界的な景気後退の影響を受け企業がIT投資を抑制したため、市場は大きく減少した。
プロジェクトの延期や凍結が相次ぎ、ソフトウェアベンダー、SIerともに売上を落とした結果、買収や合併が加速し、業界再編の動きへとつながった。
2010年に入ると景気の回復に合わせて企業のIT投資も復活し始めた結果、市場は再び成長へと転じ、急速に回復していくかと思われた。
市場が回復へと向かっている中で、2011年3月に東日本大震災が発生。同年7月には日本の製造業が生産拠点を構えるタイで洪水が発生し、急速に回復へと向かっていた市場は2011年はその勢いを落としている。
しかし、自然災害による被害や不安定な経済状況が続いた2011年でも市場は減少することはなく、わずかながらも成長を続けている。
2012年以降も先行きが不透明な経済情勢は続くが、市場は継続して伸長していく見通しとなっている。

本レポートでは、各パッケージソフトウェアを業務系と業種系のカテゴリーに分け、それぞれの市場の動向と各製品の2009年から2013年までの販売実績推移見通しを数量別、金額別、及びOS別に調査し、今後の各パッケージソフトウェア市場の方向性を明確にすることを調査目的としている。
調査対象製品の総数は830製品に及び、市場で販売されている製品を可能な限り詳細に捉えるように作成している。

調査対象市場
  • 業務系ソフトウェア
    • CRM分野〔CRM、顧客管理、SFA、CTI〕
    • ERP分野〔ERP、統合業務パッケージ、財務会計、人事・給与、販売管理〕
    • SCM分野〔SCM、在庫管理、Logistics〕
    • コミュニケーション・文書管理〔DMS/ECM、GW、EIP、WCM〕
    • ミドルウェア・その他〔DB、EAI/ESB、アプリケーションサーバー、統合運用管理ソフト、BI、GIS、EDI〕
  • 業種別ソフトウェア
    • 製造業ソフト1(生産管理、MES、SCADA、スケジューラー)
    • 製造業ソフト2CAD/CAM/CAE、PDM・PLM)
soft 200,000円