go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

ディスプレイその他(OLED、Sensor)

タイトル

2010年有機ELディスプレイ市場調査プロジェクト

発刊年/月
2011/5
体 裁
A4 :82ページ
価 格
300,000円 (日本語/ハードコピー) 390,000円 (日本語/ハードコピー + PDFデータ)
概 要

2009年のPM-OLED市場は、2008年下半期から景気減退の影響を受け、主要アプリケーションの携帯電話Sub Display向けやPortable Audio向けが低迷し、厳しい状況となった。こうした状況の中で、参入メーカーの事業展開に変化が生じている。

主要アプリケーションの携帯電話Sub DisplayやPortable Audio向けPM-OLEDは、端末需要が拡大傾向にある中国市場に注目が集まり、中国のPM-OLED量産メーカーの勢いが加速している。一方で、一部のPM-OLEDメーカーは、需要は大きいものの低価格化が進む携帯電話Sub DisplayやPortable Audio向けでは、収益確保に苦戦を強いられるため、収益性の高いアプリケーションの開拓を図るなどして事業の転換を図った。

2009年のAM-OLED市場は、携帯電話メインディスプレイ向けを中心に拡大を続けた。2009年の携帯電話市場は、不景気の影響で端末需要が伸び悩んだものの、スマートフォンが急速に成長した。2009年に一部の端末メーカーが、スマートフォンにAM-OLEDを搭載し、他社との差別化を進めたことで、他の端末メーカーもスマートフォンにAM-OLEDを搭載する動きを見せ始めている。

しかしながら、2009年のAM-OLED市場は、携帯電話以外の小型アプリケーションでの採用は拡大に至らず、PCやTV等の中型・大型アプリケーションへの製品展開もさほど進まなかった。TV市場は、2009年からLEDバックライトを搭載したLEDTVが急速に普及し、2010年に入ると次の製品展開として3D-TVに注目が集まっている。主要TVメーカーの殆どは、3D-TVの次にOLED-TVの投入を予定しており、将来的にはTV用途でAM-OLEDの需要が拡大する可能性を秘めている。

AM-OLEDの大型化は、量産技術の確立が鍵を握っている。AM-OLEDの最有力メーカーであるSamsung Mobile Displayが中心となって、いくつかの量産方式が試されているものの、依然として課題が残されている。他にもAM-OLEDメーカーの殆どが、将来性に期待して大型化に取り組んでいる。

目次
  1. サマリー
  2. 1) 調査結果の要約、結果に対するTSRの見解、ヒアリング結果の補足的事項など
    2) 有機ELディスプレイメーカーのポジショニングマップ (2010CY)
    3) アプリケーション別OLED需要規模 数量、金額 - (2009CY-2015CY)
    4) 照明用有機EL動向 (トピックの抽出、参入メーカー等)
  3. 有機ELディスプレイ生産状況 (2009/Q1-2010/Q4)
  4. 1) タイプ別/アプリケーション別生産量推移
    2) メーカー別/アプリケーション別生産量推移
    3) メーカー動向
  5. アプリケーション動向
  6. ① モバイル製品(携帯電話、DSC、Portable Audio)
    I. 市場動向
    1. セット需要規模 (2009CY-2015CY)
    2. ディスプレイ生産規模 (2009CY-2015CY)
    ・ディスプレイ方式別/サイズ別(LCD含む)
    II. メーカー動向
    1. セットメーカーシェア (2009CY、2010CY)
    2. OLEDメーカーシェア (2009CY、2010CY)
    3. 供給マトリクス (2010/2Q)
    4. 価格動向 (2009CY-2015CY)
    ② PC、TV
    I. 市場動向
    1. セット需要規模 (2009CY-2015CY)
    2. ディスプレイ生産規模 (2009CY-2015CY)
    ・ディスプレイ方式別/サイズ別(LCD含む)
    3. メーカー動向
    ③ 照明
    I. 市場動向
    1. 需要規模 (2009CY-2015CY)
    2. メーカー動向
  7. 材料
  8. 1) 有機ELディスプレイ材料市場動向
    2) コスト分析(PM/AM)
    3) 部材別市場動向
    ① ガラス基板
    ② 発光素子材料
    ③ 封止材
    ④ 乾燥剤
    ⑤ ドライバーIC
    上記市場共通項目
    I. 市場動向
    1. 市場概要/需要規模 (数量、金額) 2009CY-2015CY
    2. 製品開発動向 (トピック別)
    3. 価格動向 (2009CY-2015CY)
    II. メーカー動向
    1. メーカーシェア (2009CY、2010CY)
    2. 供給マトリックス (2010/2Q)
    4) 照明用材料動向
dsothers 300,000円