go to English site go to Chinese site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

資料案内

ディスプレイその他(OLED、Sensor)

タイトル

2005-2006年 有機ELディスプレイ市場調査プロジェクト

発刊年/月
2006/1
体 裁
A4 :--ページ
価 格
300,000円 (日本語/ハードコピー)
A.ディスプレイマーケット編のみ:¥200,000(※B編のみのバラ売りはしません。)
概 要
1999年、パイオニアのカーオーディオにてパッシブタイプが採用されて以来、有機ELディスプレイは徐々に搭載アプリケーションを増やし、市場を拡大させつつある。特に2003年4月、欧州向けに発売されたコダックのDSC「LS633」、2004年9月に発売'されたSonyのPDA「CLIE VZ90」には、待望のアクティブマトリックス駆動有機ELディ'スプレイが採用されており、LCDに代わる表示デバイスとして期待が高まっている。有機ELディスプレイメーカーも日系企業を初めとして、台湾、韓国など参入が相次ぎ、供給体制と技術レベルの向上が見られる。

一方セットメーカー側では、新規デバイスとしての有機ELの可能性と、その特性を認'識しながらも、低価格化の進むLCDを採用するケースが殆どであり、競合他社の状況を横目で見ながら慎重に有機ELの検討がなされている。

次世代ディスプレイと言われていた有機EL市場の立ち上がりを現実化するためにも、有機ELディスプレイメーカー及び材料メーカーは、アプリケーション別供給体制及び'製品動向の把握を行い、適切な開発目標の設定と投資を行わなければならない。本報告書「2005-2006年有機ELディスプレイ市場調査プロジェクトは、市場規模、製品トレンドなど主にモバイル用有機ELディスプレイに関する基礎的なデータの提示と長期的な産業の方向性の提示を行うことを主旨とした。

「2005-2006年有機ELディスプレイ市場調査プロジェクト」は、「A. ディスプレイマーケット編」「B.材料編」の2編から構成されており、2005年の有機ELディスプレイ生産状況や有機ELディスプレイ市場規模などに関しては「A. ディスプレイマーケット編」、有機ELディスプレイ材料の市場規模やメーカー動向に関しては「B. 材料編」で詳細をまとめているため、併読頂くことをお勧め致します。
目次
A. ディスプレイマーケット編
Summary
  1. 有機ELディスプレイ市場の現状
  2. OLEDメーカーのポジショニング
  3. アプリケーション別OLED市場規模
有機ELディスプレイ生産状況
  1. タイプ別アプリケーション別生産量推移
    1) 低分子/高分子別生産量推移
    2) パッシブ/アクティブ別生産量推移
  2. メーカー別/アプリケーション別生産量推移
  3. 地域別アプリケーション別生産量推移
  4. メーカー生産量推移
  5. メーカー動向
アプリケーション動向
  • Sub Display
  • Silicon Audio
  • Car Audio
  • Appendix
    1. Cellular Phone
    2. Digital Camera

アプリケーションメーカー個票
  1. 集計結果と要約
  2. メーカー個票

B.材料編

Summary
  1. OLED材料市場動向
  2. TFT基板
  3. トップエミッション/ボトムエミッション
  4. 固体封止
  5. コスト分析
材料市場
  1. ITO Glass
  2. Emitting Layer (発光素子材料)
  3. Sealant (封止材)
  4. Getter (乾燥剤)
  5. Driver IC
dsothers 300,000円