go to English site

株式会社テクノ・システム・リサーチ

過去のプレスリリース

2016年

2016.8.17
M2M/IoT サービスにおけるプラットフォーム利用が徐々に浸透 ~2020 年には売上規模・導入規模ともに2015 年比で大幅成長の見通し~
2016.5.23
モバイルM2M によるデータトラフィックは2020 年には5.5 倍に増加 ~ セキュリティ用途、画像伝送、動画配信などの利用でデータ通信量が増加 ~
2016.5.17
法人向け国内モバイルM2M/IoT市場は2020年に3,500万回線近くに達する ~ スマートメーターや車載用途、監視カメラ、見守り・介護関連用途が成長のけん引役となる ~
2016.3.24
日本経済新聞の紙面に『国内フラッシュストレージ市場のデータ』が紹介されました。

2015年

2015.8.21
M2M/IoT プラットフォーム市場の成長が徐々に加速 ~ トライアルでの利用から本格運用への移行が始まる ~
2015.7.7
2015年Smart Watch & Sports Watch/Tracker市場規模は対前年比77%増となる約4,900万台となる見通し
2015.5.11
モバイルM2Mによるデータトラフィックは2019年には6倍近くに増加 ~ セキュリティ用途、画像伝送、動画配信などの利用でデータ通信量が増加 ~
2015.5.11
法人向け国内モバイルM2M市場は2019年に3,000万回線に達する見通し ~ コンシューマ用途と合わせると3,500万回線(2019年)に到達する勢いを見せる ~

2014年

2014.11.5
業務ビジネス部門を対象とした調査結果を発表 ~「ITにもっとお金をかけるべき」という回答が87%を占め、業務ビジネス部門は積極的なIT投資を求めている~
2014.11.5
2014年 サービスマネジメント市場を発表 ~2014年 サービスマネジメント市場規模は1,519億円、対前年比5.2%増 / ユーザー企業は業務プロセスの見直しを開始 / ITILとサービスマネジメントに再び注目を浴びる ~
2014.10.14
MVNO/SIMフリースマートフォン市場規模は5年後に15倍以上に達する見通し~MVNO契約回線数も5年後には4倍以上の規模になると見込まれる~
2014.11.5
業務ビジネス部門を対象とした調査結果を発表 ~「ITにもっとお金をかけるべき」という回答が87%を占め、業務ビジネス部門は積極的なIT投資を求めている~
2014.11.5
2014年 サービスマネジメント市場を発表 ~2014年 サービスマネジメント市場規模は1,519億円、対前年比5.2%増 / ユーザー企業は業務プロセスの見直しを開始 / ITILとサービスマネジメントに再び注目を浴びる ~
2014.10.14
MVNO/SIMフリースマートフォン市場規模は5年後に15倍以上に達する見通し~MVNO契約回線数も5年後には4倍以上の規模になると見込まれる~
2014.8.28
2013年 EAI/ESB市場の調査結果を発表 ~2013年 EAI/ESB市場規模は127億円 / システム開発案件の増加により、EAI/ESB市場も金額ベースで対前年比6.2%増加 ~
2014.7.24
新しいストレージソリューションを発表 ~ 2013年ストレージソリューション市場規模は3,713億円、対前年比4.6%増 / ユーザーが抱えている問題と対応ソリューション / 拡大するFlash/SSD市場 ~
2014.6.27
車載スマートウィンドウ市場の搭載予測を発表 ~ 先進ウインドシールド(スマートウィンドウ)へ求められる車室内の快適性向上に追加される新機能 ~
2014.6.19
プラットフォーム市場の成長はM2M 市場全体の成長を上回る見通し~ 大規模案件でのクラウド利用が成長の鍵を握る ~
2014.6.9
ウェアラブルヘルスモニタリング機器世界市場を発表 ~2013年の世界市場規模は1,808万台、1,116M USドル/2013年~2018年の台数ベースにおける平均成長率は41.0% /今後、BtoCからBtoBtoCへと市場構造を変化させながら高成長を続ける ~
2014.4.23
モバイルM2Mによるデータトラフィックは2018年には7倍近くに増加 ~ 車載用途、セキュリティ用途、画像伝送などの利用でデータ通信量が増加 ~
2014.4.16
国内モバイルM2M市場は2018年に3,000万回線に達する見通し ~ インフラ管理、セキュリティ、車載用途の通信などの需要が堅調 ~
2014.2.19
2013年 PC資産管理/MDM市場を発表

2013年

2013.11.27
全世界ヘッドアップディスプレイ市場規模予測を発表 ~ 安全運転支援システムの普及により、ヘッドアップディスプレイの搭載需要が大幅に拡大 ~
2013.9.24
2012年 EAI/ESB市場の調査結果を発表 2012年 EAI/ESB市場規模は119億円~クラウドコンピューティングの利用が進むにつれて、クラウド間連携のニーズが高まっていく~
2013.6.25
自動車メーター市場の将来予測を発表 ~ 液晶ディスプレイ(Active LCD)を搭載した次世代メーターとなるグラフィックメーター市場が拡大へ ~
2013.4.15
モバイルM2Mによるデータトラフィックは2017年には5倍以上に増大 ~ 車載用途やBEMS、画像伝送などの利用でデータ通信量が増加 ~
2013.4.15
国内モバイルM2M市場は2017年に2,800万回線規模に達する見通し ~ インフラ管理、セキュリティ、フィールド管理、車載、決済データ通信などの需要が堅調 ~
2013.1.23
2012 年3D プリンタ市場を発表 ~2012年の国内3Dプリンタ市場規模は34.8億円、対前年率16.3%増。ローエンドからハイエンドモデルまで製品が出揃い、今後の市場成長に期待~

2012年

2012.10.9
2011年PC資産管理市場を発表~2011年PC資産管理市場規模は300億円、対前年比7.7%増 / 市場拡大要因は「スマートデバイス」、「SaaS市場拡大」/ 中小企業への導入が本格的に進んでいる
2012.7.31
2011年の主要モバイル機器の需要は20億台を大きく上回る見通し~ 3G回線など長距離通信機能を装備した機器は16億台を突破 ~
2012.6.13
在宅医療・介護支援ソリューション市場調査結果を発表~介護ICT市場は2012年から2017年までのCAGR(年平均成長率)成長率は約16%。2017年には約900億円まで拡大すると見込み~
2012.5.14
2011年ストレージソリューション市場を発表/2011年ストレージソリューション市場規模は3,721億円、対前年比6.1%増/勝ち組と負け組のメーカーが鮮明に/ユーザーのBig Dataへの期待は非常に高い
2012.5.2
自動車向けHead Up Displayの市場分析結果を発表 ~自動車IT化や安全技術による次世代HUDの登場:2011年の自動車向けヘッドアップの市場規模は約69万台、2016年までに約465万台へ~
2012.4.24
2012年超小型プロジェクター市場が更なる拡大へ ~携帯電話における搭載(普及)地域の広がりと写真や動画の投影から変わる超小型プロジェクターの使い方~
2012.2.29
国内モバイルM2M市場は2016年に2,000万回線を突破する見通し~電力管理、セキュリティ、フィールド管理、車載、決済データ通信などの需要拡大~
2012.1.23
在宅医療・健康管理ソリューション市場調査結果を発表 ~2011年で約150億円弱であった日本における健康管理サービス市場は平均130%弱の年成長率で、2016年には約610億円の市場規模に達する見込み~
2012.1.12
2011年の世界プリンター・MFPの生産台数は1億2,924万台になる見通し~ 東日本大震災、タイの洪水の影響で対前年比3.7%増に留まる。2012年以降も予断を許さない市場状況~

2011年

2011.10.13
業務/ビジネス部門に貢献するための展開論を発表 ~ 業務/ビジネス部門はITコスト削減など求めていない ~
2011.9.28
次世代フロントプロジェクターの市場予測を発表 ~ プロジェクター市場の付加価値となる短焦点プロジェクター、固体光源プロジェクターの市場可能性を算出 ~
2011.8.29
スマートメーター市場調査分析結果を発表 ~ ガスメーターは、2016年に21,995千台へ、電力メーターは、2016年に単年出荷93,940千台へ。拡大する市場に付随して、通信方式に対するビジネスチャンスを狙う多様なメーカーからも着目が集まる。PLC? 900MHz? Zigbee? M-bus? ~
2011.8.22
2011年の主要モバイル機器の需要は20億台を大きく上回る見通し~ 3G回線など長距離通信機能を装備した機器は16億台を突破 ~
2011.7.6
携帯電話向けタッチパネル搭載調査分析結果を発表 ~ タッチパネル供給不足解消から差別化・低価格化ニーズへの対応へ~
2011.4.7
ストレージビジネスの効果的なアプローチ方法を発表 ~データの価値とは何か ~
2011.1.24
2010年の国内携帯電話出荷台数は3,700万台に達する見通し~ データカードを含めた総出荷台数は年間合計3,900万台を上回る見込み ~
2011.1.5
PC資産管理ソフトウェア市場は今後も拡大!~ 2009年のPC資産管理ソフトウェア市場は342億円。2014年まで年平均9.5%の高成長を持続~

2010年

2010.11.15
世界デジタルシネマ市場の最新調査結果を発 表~2010年時点での世界デジタルシネマ普及数は約3.5スクリーン、普及率は30%へ~
2010.11.03
2010年タッチスクリーン市場6億枚突破へ~静電容量方式への切り替えにより抵抗膜方式が一時減少!~~2010年以降、静電容量方式のディスプレイ一体型がTSP:タッチスクリーンパネルの主流に~
2010.10.22
国内モバイルM2M市場は2012年までに1,000万回線に達する見通し~ 電力監視やセキュリティ用途、決済データ通信などで需要が拡大していく ~
2010.10.14
リチウムイオン電池、材料市場の調査分析結果を発表~ LIB材料市場は、中国材料メーカーの台頭の予兆! 更にEV/HEV市場の立ち上がりにより体力のある化学メーカーの新規参入により、業界構造は正に戦国の時代へ! ~
2010.10.1
運用管理者が会社を変える!~ 2009年のサービスマネージメントソフトウェア市場は1,133億円。 2014年まで年平均8.5%の高成長を持続~
2010.7.27
タッチパネル搭載携帯電話の市場調査分析結果を発表~ スマートフォンの立ち上がりによって、2010年上半期(2010年1-6月期)のタッチパネル搭載携帯電話は1億8千万台まで拡大!~
2010.6.30
2010年の携帯電話の総生産台数は前年比でプラス13%に達する見込み~中華系メーカーの成長に加え、Apple、RIM、HTCなどのスマートフォンベンダーが大きく成長 ~
2010.6.28
2010年4月の国内携帯電話出荷台数は前年同月比で138%の成長~2010年に入り4ヶ月連続で前年比プラス成長を保つ ~
2010.6.28
2009 年度の国内携帯電話市場は前年度比97.5%で幕を閉じる~データ通信カード市場の成長が著しく年間出荷台数200万台を大きく上回った ~
2010.5.31
テクノ・システム・リサーチ リチウムイオン電池市場調査分析結果を発表~2009 年のリチウムイオン電池市場は対前年比4%増の約33億個。中・長期的にはパワーアプリケーションとEV/HEV に期待!~
2010.5.27
2010年携帯電話市場は主要セットメーカーの勢力図が変化 ~市場成長率は10%を上回り再びプラスへと転じるとともに、ノン ? ・ブランド携帯市場も拡大する~
2010.5.26
プロジェクター市場 第二次成長期へ :グリーン化や3D化の実現 ~短焦点/3D(3次元)/新光源(LED/Laser)プロジェクターの最新調査結果を発表~
2010.4.6
オンラインストレージvsディスクアレイ 価格比較を発表
2010.4.5
国内ストレージソリューション市場規模予測を発表
2010.3.15
2010年1月の国内携帯電話出荷台数は前年同月比120%強の成長 ~KDDI向け出荷が前年同月比200%を上回り、2008年水準に近づく~
2010.3.1
組み込み型プロジェクターは複数人で動画や画像をシェアす る用途に興味あり:エンドユーザーサーベイ結果から
2010.2.12
2009年12月の国内携帯電話出荷台数は前年同月比で微減に推移 ~ 2009年の国内携帯電話市場は総出荷台数3,600万台で幕を閉じる ~
2010.1.21
超小型プロジェクター市場が拡大へ~携帯電話やデジタルカメラへのプロジェクター搭載が開始~
2010.1.15
2009年11月の国内携帯電話出荷台数は対前月比で約150%に成長

2009年

2009.12.18
2009年携帯電話の総出荷台数は11億2,000万台程度になる見込み
2009.12.18
2009年携帯電話向けメインディスプレイの総出荷は13億台弱になる見込み
2009.12.14
2009年10月の国内携帯電話出荷台数は前年同月比200%超を達成~KDDI 陣営の出荷が久々に大台を突破、市場は回復傾向を迎えつつある~
2009.11.16
2009年9月の国内携帯電話出荷台数は前年同月比で大きく成長~KDDI (au,iida)陣営の出荷台数が対前月比で150%の成長を遂げる~
2009.10.14
2009年8月の国内携帯電話出荷台数は前年同月と同水準を保つ
2009.9.25
電子ペーパー市場は2008年約57億円、2009年は約185億円(対前年比322%増)となる見通し/AmazonのKindleに代表される電子ブックの普及が今後も電子ペーパー市場の牽引役となる
2009.9.10
2009年7月の国内携帯電話出荷台数は300万台超をキープ
2009.9.10
クライアントPC 資産管理市場規模予測を発表
2009.6.22
国内サービスマネージメントソフトウェア市場規模予測を発表

2008年

2008.12.3
2007年日本国内の主要業務パッケージソフトウェア市場は、5,719億9,150 万円、2008 年には6,061 億9,190 万円(前年比105.9%)となる見通し/2008 年から一部市場で景気後退の影響が顕在化
2008.10.7
超小型プロジェクター : 2008年から2009年に製品化~プロジェクター機能搭載 携帯電話の登場は2011年以降~
2008.2.19
電子ペーパー市場は2007年約56億円、2008年は約96億円(対前年比170%増)となる見通し/AmazonのKindleに代表される電子ブックの普及が今後も電子ペーパー市場の牽引役となる

2007年

2007.10.22
組込みプロジェクター市場は2011 年に立ち上がる可能性あり~市場立ち上げには複数の課題をクリアする必要性がある~
2007.10.5
テクノ・システム・リサーチ 『2006-2007年携帯電話市場統計』を発表
2007.3.13
2007 年ドキュメント管理システム市場は、430 億9,600 万円となる見通し/2007 年以降、内部統制・コンプライアンスによる影響が徐々に表面化

2006年

2006.11.30
2006 年PDM/PLMビジネス市場は、435億5,620万円となる見通し/環境規制対応、情報系システムの整備、生産・保守領域への展開と対象業種拡大がポイント/長期的には、三次元データ関連ビジネス(デジタルマニュファクチャリング・LDM 市場)の伸びに期待/ソフトウェア開発プロセスの統合化が課題
2006.11.13
2006 年国内主要ソフトウェア市場は、6,409 億3,370 万円となる見込み。企業のコンプライアンス対策の影響が大